経済学の学習ガイド

MENU

1-3.予算制約線

PREV← 無差別曲線
(学習の目的)
予算制約式の立て方を学びます。シフトの理由をマスターしてください。計算問題については1次方程式(直線)の理解が必要です。

予算制約線

「予算制約線」は、「財の価格」と消費者の「所得」(予算)が与えられているとき、消費者が「最大限に購入可能な財の組合せ」を示します。

  • この関係を式であらわしたものが「予算制約式」です。
  • 「予算制約線」の「傾き」は、財の「価格比」になります。
  • 「予算制約線」の「切片」は、「所得」を財の価格で割って求められます。
  • 横軸の切片は、「所得」を横軸の財の価格で割って求めた財の消費量になります。
  • 縦軸の切片は、「所得」を縦軸の財の価格で割って求めた財の消費量になります。

g_mic_1_3_1_bl

関連動画「予算制約線」

最適消費点

消費者は、与えられた「所得」(予算)制約の下で、自分の「効用」を最大化しようとします。

  • この関係は、「無差別曲線」と「予算制約線」を結びつけることであらわすことができます。
  • 「無差別曲線」と「予算制約線」の「接点」では、効用が最大となる「最適消費量」が決定されます。
  • このような「無差別曲線」と「予算制約線」の「接点」を「最適消費点」といいます。

g_mic_1_3_2_co

効用最大化の条件

「最適消費点」では、「予算制約の下で効用が最大化」されております。このような状態(効用最大化)になる条件は、次の形であらわされます。

(効用最大化の条件)
限界代替率 = 価格比

「限界代替率」は、「限界効用の比」で求められますので、こう書きかえることができます。

限界代替率 = 限界効用の比 = 価格比

関連動画「効用最大化の条件」

NEXT→ 所得が変化したらどうなるか?

無料テキスト

ミクロ経済学書き込みノート
マクロ経済学書き込みノート
一問一答経済学』(無料編)の改訂版はこちらの「gakushu.info」で公開しています。
micro_macro1

コンタクト

PAGETOP
Copyright © 経済学道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.