経済学の学習ガイド

MENU

8-2.貿易政策

(学習の目的)
おもに部分均衡分析をもちいて、自由貿易の効果や、関税の影響を分析します。

閉鎖経済のケース

  • 「自由貿易」の効果を分析するために、まずは貿易がおこなわれない状態についてみていきます。
  • このような閉鎖経済状態では、「需要曲線」と「供給曲線」の交点で、「価格」と「需給量」が決まります。
  • このときの価格を「国内価格」とします。

自由貿易のケース

  • 「国内価格」よりも安い「国際価格」で「自由貿易」がおこなわれる場合をみていきます。
  • 貿易がおこなわれると「消費者」は安い「国際価格」で財を購入することができるようになるので、「消費者余剰は増加」します。
  • これに対して、「生産者」は安い「国際価格」に合わせて「国内価格」を設定することになるので、「生産者余剰は減少」することになります。
  • 閉鎖経済の場合と比較すると、「自由貿易」をおこなった場合、「消費者余剰」と「生産者余剰」をあわせた「総余剰は増加」します。

よって、資源配分の面でみると、「自由貿易」はのぞましいことになります。

関税の影響

  • ただ、現実の経済で「自由貿易」をおこなった場合、問題点がでてきます。
  • たとえば、「国内産業の保護」です。
  • 安い「国際価格」で外国の財が入ってくると、同じ財を生産している国内産業は打撃を受けることになります。
  • このような「国内産業の保護」の方法として、輸入品に「関税」をかけることが考えられます。
  • この「関税」の影響をみるときは、その国が「小国」か「大国」かで考え方が異なります。

g_mic_8_2_4_sc

小国のケース

「小国」とは、自国の行動が世界経済に対して「影響を与えない」国のことです。

  • 輸入品1単位当たりに課せられる「関税」に、輸入量を掛けたものは「関税収入」になります。
  • これは、政府に入ってくるものなので「政府余剰」として計算します。
  • ただ、輸入品の価格は「関税」が課せられた分だけ値上がりします。

「自由貿易」の場合と比較すると「総余剰は減少」し、「厚生損失」(死荷重)が発生することになります。

大国のケース

「大国」とは、自国の行動が世界経済に対して「影響を与える」国のことです。

  • 「大国」が「関税」をかけると、「輸入量が減少」します。
  • これは世界経済からみて、需要の減少になりますので、「国際価格が下落」します。
  • この下落した国際価格に対して「関税」が課されます。

「自由貿易」の場合と比較すると「厚生損失」が発生するかしないかは、「どちらともいえません」。

  • なぜならば、「大国」は「関税率」を自分たちにとって都合の良い水準に設定すると、「自由貿易」の場合よりも「総余剰を拡大」させることが可能になるからです。

その他のケース

この他に、「輸入数量割り当て」のケースや、「生産者」に「補助金」を支給するケースもありますが、ここでは保留としておきます。

→ マクロ経済学のもくじ
→ 1.財市場

無料テキスト

ミクロ経済学書き込みノート
マクロ経済学書き込みノート
一問一答経済学』(無料編)の改訂版はこちらの「gakushu.info」で公開しています。
micro_macro1

コンタクト

PAGETOP
Copyright © 経済学道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.