経済学の学習ガイド

MENU

ミクロ経済学

  • HOME »
  • ミクロ経済学

「価格の決まり方」と「資源配分」を考える

1.消費者理論
2.生産者理論
3.部分均衡分析
4.一般均衡分析
5.不完全競争市場
6.市場の失敗
7.ゲーム理論
8.貿易理論

ミクロ経済学の全体像

ミクロ経済学では、おもに価格の決まり方を分析します。この価格は、市場(しじょう)において、買い手である消費者と売り手である生産者のやりとりによって決まります。これらの消費者と生産者は、おのおの自分たちの利益が最大になるように行動します。

ただし、消費や生産につかえる資源は有限です。よって、適切に配分する必要があります。ミクロ経済学では、市場をとおして、これらの資源が効率的に配分されることをみていきます。そして、資源配分がうまくいかない状態(独占や市場の失敗)などについても分析していきます。

1.消費者理論 consumer theory

消費者理論では、「消費者」の行動を分析し、「需要曲線」が「右下がり」の形になる理由についてみていきます。消費者は、予算の制約のもとで、「効用」を最大化するために行動します。

2.生産者理論 producer theory

生産者理論では、「生産者」の行動を分析し、「供給曲線」が「右上がり」の形になる理由についてみていきます。生産者は、「費用」を考慮に入れて、「利潤」が最大となるように行動します。

3.部分均衡分析 partial equilibrium

部分均衡分析では、「需要曲線」と「供給曲線」の交点で「均衡価格」と「均衡取引量」がきまり、社会的にのぞましい資源配分が達成されることをみていきます。

4.一般均衡分析 general equilibrium

一般均衡分析では、「1.消費者理論」でまなんだ分析方法をもちいて、社会的にのぞましい資源配分についてみていきます。

ここまでは、「完全競争」市場を仮定して、のぞましい資源配分を分析します。

5.不完全競争市場 imperfect competition

不完全競争市場では、「独占」などをとりあげて、「完全競争」が成立しない場合についてみていきます。

6.市場の失敗 market failure

市場の失敗では、市場機能がはたらいたにもかかわらず、のぞましい資源配分が達成されない状態をみていきます。

7.ゲーム理論 game theory

ゲーム理論では、人々の「行動」の意思決定プロセスを分析します。

8.貿易理論 trade theory

貿易理論では、ミクロ経済学でまなんだ分析方法を用いて、貿易がおこる理由について分析します。

関連動画「ミクロ経済学の全体像」(7分2秒)

(→マクロ経済学のもくじ)

もくじ

1.消費者理論
2.生産者理論
3.部分均衡分析
4.一般均衡分析
5.不完全競争市場
6.市場の失敗
7.ゲーム理論
8.貿易理論

各章の構成

ミクロ経済学の全体像
1.消費者理論
 1-1.限界効用
 1-2.無差別曲線
 1-3.予算制約線
 1-4.所得の変化
 1-5.価格の変化
 1-6.需要曲線と需要の価格弾力性
 1-7.さまざまな無差別曲線
2.生産者理論
 2-1.生産関数
 2-2.費用最小化の条件
 2-3.総費用
 2-4.限界費用と利潤最大化その導出法
 2-5.平均費用と平均可変費用
 2-6.損益分岐点と操業停止点
 2-7.供給曲線
3.部分均衡分析
 3-1.完全競争市場
 3-2.市場均衡の安定性
 3-3.余剰分析
 3-4.課税と規制の影響
4.一般均衡分析
 4-1.パレート効率性
 4-2.厚生経済学の基本定理
 4-3.生産者を含めた一般均衡分析
5.不完全競争市場
 5-1.独占 (利潤最大化条件の導出
 5-2.複占
 5-3.寡占
 5-4.独占的競争
6.市場の失敗
 6-1.外部性
 6-2.費用逓減産業
 6-3.公共財
 6-4.不確実性
 6-5.情報の非対称性
7.ゲーム理論
 7-1.ナッシュ均衡
 7-2.さまざまなゲーム
 7-3.さまざまなゲーム(保留)
8.貿易理論
 8-1.比較生産費説
 8-2.貿易政策


logo_macro01
(→マクロ経済学のもくじ)

テキストと学習指導

logo_gi01

  • 無料テキストのダウンロード
  • 有料テキストの説明
  • 個別指導 / 添削講座

リンク

基礎の基礎

動画でまなぶ

テキスト販売

コンタクト

PAGETOP
Copyright © 経済学道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.