経済学の学習ガイド

MENU

2-5.平均費用と平均可変費用

PREV← 限界費用と利潤最大化条件
(学習の目的)
生産量1単位あたりの費用を求めます。ここでまなぶ2つの費用は、利潤が出るかどうかや生産を続けるかどうかの基準になります。

関連動画「平均費用と限界費用」(再掲)


平均費用(AC)

「総費用」(TC)を生産量で割ったものを「平均費用」(AC:Average Cost)といいます。

  • 「平均費用」(AC)をグラフで示すと、グラフ上の点に対して「原点から引いた直線の傾き」になります。

平均可変費用(AVC)

「可変費用」(VC)を生産量で割ったものを「平均可変費用」(AVC:Average Variable Cost)といいます。

  • 「平均可変費用」(AVC)をグラフで示すと、グラフ上の点に対して「縦軸切片から引いた直線の傾き」になります。
  • 「平均可変費用曲線」(AVC)は「平均費用曲線」(AC)の「下方に」位置します。

NEXT→ 損益分岐点と操業停止点 重要!グラフで確認

無料テキスト

ミクロ経済学書き込みノート
マクロ経済学書き込みノート
一問一答経済学』(無料編)の改訂版はこちらの「gakushu.info」で公開しています。
micro_macro1

コンタクト

PAGETOP
Copyright © 経済学道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.