経済学の学習ガイド

MENU

5-1.独占

(学習の目的)
独占企業の利潤最大化条件「限界収入=限界費用」(MR=MC)をまなびます。ここは頻出テーマです。

  • ここまでまなんできた「完全競争」市場では、企業は価格に対して影響を与えることはできない「プライス・テーカー」でした。

価格支配力

これに対して、「独占」企業は、製品の価格を自由に設定できる「価格支配力」を持っています。これを「プライス・メーカー」の仮定とよびます。

独占企業の行動

  • 「完全競争」市場における企業と同様に、「独占」企業も「利潤最大化」をもとめて生産をおこないます。
  • 「完全競争」市場では、「価格」は市場全体で決まります。
  • 企業は無数に存在するため、個々の企業はこの価格の決定プロセスに影響を与えることはできません。
  • これに対して、「独占」市場では、「独占」企業だけが「生産者」として存在します。

この「独占」企業は、自らの「利潤」が最大となるように「生産量」を調整することで、市場全体で決まる「価格」に影響を与えることができます。

生産量が決まってから、価格が決まる

  • ここまでまなんできた「完全競争」市場の利潤最大化条件は、「価格=限界費用」(P=MC)でした。

これに対して、「独占」企業の利潤最大化条件は、「限界収入=限界費用」(MR=MC)になります。

  • 「独占」企業は、この「限界収入」(MR)が「限界費用」(MC)と等しくなる「生産量」を生産することで、「利潤」を最大にすることができます。
  • そして、次のステップとして、この「生産量」に対して、「需要曲線」上で「価格」が決定することになります。
  • なぜならば「需要曲線」は、「消費者」が「この量なら、この価格を出していい」という意思を示したものだからです。

限界収入

「生産量を1単位増加させたときの総収入の増加分」を「限界収入」(MR)といいます。

独占企業の利潤最大化条件

「独占」企業は、「限界収入=限界費用」(MR=MC)となるように「生産量」を決定します。そして、これがすべて消費されるように、「需要曲線」上で「価格」が決定します。

g_mic_5_1_1_mp

→ 利潤最大化条件の導出方法
→ 複占

無料テキスト

ミクロ経済学書き込みノート
マクロ経済学書き込みノート
一問一答経済学』(無料編)の改訂版はこちらの「gakushu.info」で公開しています。
micro_macro1

コンタクト

PAGETOP
Copyright © 経済学道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.