経済学の学習ガイド

MENU

1-4.所得の変化

PREV← 予算制約線
(学習の目的)
「予算」が変化したら消費量はどうなるかを分析します。ここでまなぶ「弾力性」という考え方はとても重要です。

所得-消費曲線

所得が変化すると、消費量も変化することが考えられます。

  • この関係を「無差別曲線」と「予算制約線」を用いてあらわします。
  • 所得の変化に応じて「最適消費点」が変化する場合、この最適消費点の「軌跡」を表したものを「所得-消費曲線」といいます。
  • 一般的に、所得が増えれば、消費量も増えると考えられます。この場合、「所得-消費曲線」は「右上がり」の形でえがかれます。

g_mic_1_4_1_icc

財の分類:上級財と下級財

ただし、財によっては、所得が増えても消費量が変化しないものや、逆に消費量が減ってしまうものも考えられます。

  • 所得が増加したとき、消費量が「増加」する場合、このような財を「上級財(正常財)」といいます。
  • 所得が変化しても、消費量が「変化しない」場合、このような財を「中級財(中立財)」といいます。
  • 所得が増加したとき、消費量が「減少」する場合、このような財を「下級財(劣等財)」といいます。

関連動画「所得が変化すると?」

「弾力性」という考え方

「あるものの変化」に対して、「別のものがどれだけ変化」したかは、数値で求めることができます。これを「弾力性」といいます。

  • たとえば、ボールを床に落としたら、「どれだけ跳ね返るか」をイメージしてみてください。
  • 「A→B」という関係がある場合、この「弾力性」は、「Bの、A弾力性」という形で表現されます。
  • 「所得の変化→消費量(需要量)の変化」の場合、「需要の所得弾力性」と表現されます。
  • 「価格の変化→消費量(需要量)の変化」の場合は「需要の価格弾力性」と表現されます。

需要の所得弾力性

「需要の所得弾力性」とは、「所得が1%増加したとき、消費量が何%変化するか」を示します。

  • 「変化量と変化量」ではなく、「変化率と変化率」で求めるのがポイントです。

需要の所得弾力性と財の分類

財の種類のよって「需要の所得弾力性」は異なります。

  • 「上級財」の場合、「需要の所得弾力性は0より大きい」値になります。所得が増えれば(+)、消費量も増える(+)ことから、弾力性も(+)になります。
  • 「中級財」の場合、「需要の所得弾力性は0」になります。所得が増え(+)ても、消費量は変化しません(±0)。よって、弾力性も(±0)になります。
  • 「下級財」の場合、「需要の所得弾力性は0より小さい」値になります。所得が増えたら(+)、消費量が減ってしまう(-)ことから、弾力性は(-)になります。

関連動画「需要の所得弾力性」

財の分類:奢侈品と必需品

「上級財」、「中級財」、「下級財」の他に、財は「奢侈品」と「必需品」に分類することもできます。

  • 「奢侈品」(ぜいたく品)とは、所得の変化率に対して、消費量の変化率が上回っているような財です。
  • 感覚的には、「給料、そんなに増えてないのに、それ買っちゃうの?」というような財のことです。
  • 「奢侈品」の場合、「需要の所得弾力性は1より大きい」値になります。
  • 「必需品」とは、所得の変化率に対して、消費量の変化率が下回っているような財です。
  • 感覚的には、トイレットペーパーをイメージしてください。給料が10倍になったとしても、さすがに10倍は使わないと思います。
  • 「必需品」の場合、「需要の所得弾力性は1より小さい」値になります。

エンゲル曲線

「所得」の変化と「最適消費量」の変化を示した曲線を「エンゲル曲線」といいます。

  • 一般的に、横軸が「所得」、縦軸が「消費量」の形であらわされます(横軸が「消費量」で、縦軸が「所得」の形で描かれる場合もあります)。
  • 「上級財」の場合、所得が増えると消費も増えるので、「エンゲル曲線は右上がり」の形になります。
  • 「中級財」の場合、所得が増えても消費は変化しないので、「エンゲル曲線は水平」の形になります。
  • 「下級財」の場合、所得が増えると消費が減るので、「エンゲル曲線は右下がり」の形になります。

関連動画「エンゲル曲線」

NEXT→ 価格の変化で、需要曲線

無料テキスト

logo_gi01
一問一答経済学』(無料編)の改訂版はこちらの「gakushu.info」で公開しています。
micro_macro1

コンタクト

PAGETOP
Copyright © 経済学道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.