経済学の学習ガイド

MENU

3-1.完全競争市場

(学習の目的)
「完全競争」市場の成立条件をまなびます。「独占」などの「不完全競争」市場は、この条件が成立していない状態です。

完全競争市場

  • 「完全競争」市場においては、「消費者」と「生産者」は、「無数」に存在すると仮定します。
  • よって、ある個人の行動が市場全体に影響を与えることはありません。
  • この場合、各個人は市場全体で決まった「価格」を受け入れる(take)しかありませんので、「消費者」と「生産者」は「プライス・テーカー」であると仮定されます。
  • 「価格を受け入れる」ことは、「価格が与えられる」ことと同じなので、別のいいかたでは、「価格を所与(given)とする」とも表現されます。

完全競争市場の成立条件

「完全競争」市場が成立する条件は、以下の4つになります。

  1. 「無数の取引主体」・・・消費者と生産者は無数に存在し、各個人は「価格」に対する支配力を持ちません。
  2. 「参入・退出が自由」・・・消費者や生産者として市場に「参入」するのも、市場から「退出」するのも自由です。
  3. 「財の同質性」・・・市場で売買される財に「差」は存在しないと仮定します。
  4. 「情報の完全性」・・・すべての消費者と生産者の間で、市場で売買される財に対する情報に「差」は存在しないと仮定します。

考え方

  •  これらの条件は、現実的にはほぼ「ありえない」仮定ですが、この「ありえない」ことを考えるのが重要です。
  • いくつかの仮定を置くことによって、考え方や説明の筋道である「理論」は「単純化」することができます。
  • まず、最も単純な状態をみることから始めて、少しずつ仮定を外して複雑な説明をおこなっていきます。

仮定を外すとどうなるか?

「完全競争」の仮定を外すと、各個人の行動が「価格」に対する支配力を持つことになることになります。これは「独占」などの「不完全競争」市場にあたります。

  • ①「無数の取引主体」や②「参入・退出が自由」という仮定を外すと、少数の消費者か生産者しか存在しない状態になります。
  • ③「財の同質性」という仮定を外すと、市場で売買される財に「差」が存在することになります。
  • これは「財の差別化」がされている「独占的競争」市場にあたります。
  • 「独占的競争」は「不完全競争」市場ですが、①「無数の取引主体」が存在し、②「参入・退出」が自由である点は「完全競争」市場と同じです。
  • ④「情報の完全性」という仮定を外すと、「情報の非対称性」という問題を考察できます。
  • 財やサービスに対する情報は、現実的には「消費者」よりも「生産者」のほうが多く持つことが考えられます。これが「情報の非対称性」です。

→ 市場均衡の安定性

無料テキスト

logo_gi01
一問一答経済学』(無料編)の改訂版はこちらの「gakushu.info」で公開しています。
micro_macro1

コンタクト

PAGETOP
Copyright © 経済学道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.