経済学の学習ガイド

MENU

5-2.ソロー=スワン・モデル(新古典派)

(学習の目的)
「ソロー=スワン・モデル」(新古典派)では、「資本係数が可変的」なため、最適成長が「達成されやすい」と考えます。

新古典派成長モデル

これに対して、「新古典派」の「ソロー=スワン・モデル」では、最適成長は「安定的に実現する」ことを示しています。

可変的な資本係数

  • 「ケインズ派」の「ハロッド=ドーマー・モデル」では、「資本係数」(ⅴ)は「固定的」であると想定しました。
  • これに対して、「新古典派」の「ソロー=スワン・モデル」では、「資本係数」(ⅴ)は「可変的」になります。
  • 生産関数をえがくと、原点に対して凸型の「コブ=ダグラス型」になります。
  • この生産関数では、「資本」と「労働」は「代替的」です。

「新古典派」の「ソロー=スワン・モデル」は、より柔軟な生産システムを想定していると考えてください。

資本と労働の組合せが可変的

  • 「ケインズ派」の「ハロッド=ドーマー・モデル」では、「保証成長率」(Gw)を、「貯蓄率」(s)と「資本係数」(v)の形で、次のようにあらわしました。

(ハロッド=ドーマー・モデルの保証成長率)
Gw = s/v

  • 「ハロッド=ドーマー・モデル」の「資本係数」(v)は「固定的」でした。
  • 「資本係数」(v)は、「v=K/Y」であらわされました。
  • つまり、「国民所得」(Y)に対する「資本」(K)の比率は一定であるということです。
  • 同時に、「国民所得」(Y)に対する「労働」(L)の比率も一定になります。

これに対して「新古典派」の「ソロー=スワン・モデル」では、「資本係数」(v)は「可変的」です。

  • 「国民所得」(Y)に対する「資本」(K)の比率は伸縮的ということです。
  • また、「国民所得」(Y)に対する「労働」(L)の比率も伸縮的になります。

保証成長率

「新古典派」の「ソロー=スワン・モデル」の「保証成長率」は、「貯蓄率」(s)と「1人当たり国民所得」(y)と「資本装備率」(k:労働1単位当たりの資本:後述)を用いて次の形であらわされます。

Gw = s・y / k

→ 「ソロー=スワン・モデル」(新古典派)を式で理解する

→ 6.国際マクロ経済学
→ 6-1.国際収支

無料テキスト

ミクロ経済学書き込みノート
マクロ経済学書き込みノート
一問一答経済学』(無料編)の改訂版はこちらの「gakushu.info」で公開しています。
micro_macro1

コンタクト

PAGETOP
Copyright © 経済学道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.