経済学の学習ガイド

MENU

まなびかた

  • HOME »
  • まなびかた

このサイトでは、経済学の基礎知識をまとめております。

はじめて経済学をまなぶ人を対象としていますので、論理的な説明よりも直感的な説明を多くつかっております。また、解説動画も多数掲載しておりますので、本文と併用してご覧ください。

なお、単純化のために、正確な説明を飛ばしている場合もあります。本格的な学習にあたっては、ぜひ専門書をご覧いただくことをおすすめします。

初めて経済学を学ぶ方へ

  1. まずは、「基礎」のページにある動画をご覧ください。数学の基礎、ミクロとマクロの全体像の4本で、30分程度の時間で見られます。
  2. 別サイト「経済劇場」の「中学からの経済学」で公民の内容から復習する方法もあります。基礎的な用語の定義や、経済学に特有な思考法について学べます。
  3. このサイトの内容は、「書き込みノート」にまとめております。テキスト配布用のサイト「gakushu.info」よりご利用ください(ミクロノートマクロノート)。
  4. 「書き込みノート」の( 空欄 )は、重要な用語や、理解のポイントになる箇所です。このサイトの該当ページを見ながら穴埋め練習してみてください。解答チェックのプロセスで時間の節約をしたい方は、有料版をご利用ください。
  5. 復習用のテキストとして、無料冊子の『一問一答ミクロ経済学』と『一問一答マクロ経済学』もあります。

公務員試験(択一)の対策

公務員試験の受験科目として経済学を学ぶ場合は、早めに「過去問」に当たってみてください。最初はほとんど解けないと思いますが、そこで自信をなくす必要はありません。まずは、解説を読むことから始めてみるとよいでしょう。わからないテーマがあったら、このサイトをながめるようにしてみてください。

論述試験の対策

試験科目に記述・論述形式がある場合は、内容の理解にプラスして、「書く」練習が必要です。いきなり完璧な答案を書こうとすると、キツいので、パーツを積み上げていくプロセスを「(gakushu.info)都庁Ⅰ類B、一問一答(無料版)との対応」で確認してみてください。その上で、市販の問題集の解答例などを読んでみてください。

資格試験の対策

中小企業診断士の試験の受験科目として学ばれている場合は、こちらの「中小企業診断士の経済学・経済政策」をどうぞ。

大学の講義で

サイトをご覧になっている方の中には、大学の講義科目で経済学を履修されている方も多いと思います。このサイトの内容は、正確な説明を飛ばしているところも多いので、イメージがつかめたら、なるべく早めにご利用の教科書の理解に専念したほうが良いと思います。

お金をかけない学び方

スマホやPCも便利ですが、本をパラパラめくって読むのも学習には有効です。図書館の「330」のコーナーがNDC(日本十進分類)では「経済」に当たります。「経済学 経済思想」は「331」ですので、本棚を眺めて「なんとなく」良さそうな本を何冊か借りてみるのもよいでしょう。


学習用テキスト「書き込みノート」

このサイトのご利用にあたっては、無料冊子の「書き込みノート」がお役に立てると思います。リンク先(gakushu.info)よりご利用ください(ミクロノートマクロノート)。
micronote01

はじめに Preface
このテキストは、『一問一答 ミクロ経済学(簡易版)』の内容を、書き込みノート形式にしたものです。( 空欄 )箇所は、特に重要なキーワードや計算プロセスを選んでおります。学習をスタートされた方を想定して作成しましたので、サイト(http://keizaigaku.jp/)の本文を参考に、空欄を埋めて、キーワードなどの「書き取り」練習にご利用ください。
構成
各章のはじめに、概要と「あらすじ」があります。各節のはじめに、「学習の目的」があります。本文について、「定義」や、説明の流れから重要と思える箇所を重点的に選んで空欄にしております。数式の展開は、段階をおって理解できるように、細かく分割しております。グラフは、現時点では、縦軸と横軸のみ示しております。動画や参考書などをご参考に、書き込んでみてください。また、見出しには、参考までに英語も載せておりますが、必ずしも正確に対応しているとは限りません。(ミクロノートより)

 

あとがき Afterword
ご利用いただきありがとうございます。マクロ経済学のキーワードは、普段のニュースなどでもよく耳にすることの多いことばです。また、マクロ経済学は、ミクロ経済学に比べると、個々のテーマの独立性が高いので、パーツごとの学習が可能になります。ニュースなどで耳にしたら、関連するテーマを復習してみることをおすすめします。このテキストの内容をある程度理解したら、次はぜひ過去問にとりかかってみてください。設問と解説を読むことによって、このテキストに対する理解もより深まっていくことでしょう。(マクロノートより)

logo_micro01logo_macro01

無料テキスト

logo_gi01
一問一答経済学』(無料編)の改訂版はこちらの「gakushu.info」で公開しています。
micro_macro1

コンタクト

PAGETOP
Copyright © 経済学道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.