経済学の学習ガイド

MENU

3-2.IS曲線

(学習の目的)
IS曲線が右下がりになる理由をまなびます。

IS曲線

「IS曲線」は、「財市場」を均衡させる「国民所得」と「利子率」の組合せをあらわします。

  • 「I」は「投資」で、「S」は「貯蓄」です。
  • 生み出した付加価値が手元に分配されますが、そのなかで「消費」せずに「貯蓄」しておいたものが「投資」にまわると考えてください。
  • 「投資」や「貯蓄」は、「利子率」の影響を受けます。
  • また「投資」によって「国民所得」が決定されます。

「国民所得」と「利子率」を用いることによって、「投資」と「貯蓄」をふくめた「財市場」を説明するのが「IS曲線」だと思ってください。

IS曲線の形状

一般的に「IS曲線」の形状は「右下がり」です。

g_mac_3_2_1_is

  • 「水平」の場合もあります。
  • 「垂直」の場合もあります。
  • これらは応用編でまなびます。

IS曲線の導出

  • 「投資」は「利子率の減少関数」と仮定します。
  • これは、利子率が低いほど、投資に必要な資金が借りやすくなるからです。
  • 「利子率が低下」すると、「投資が増加」します。
  • これは「総需要が増加」したことになるため、「均衡国民所得が増加」します。

「利子率が低下」したことによって「国民所得が増加」することなるので、「IS曲線は右下がり」になります。

→ LM曲線

テキストと学習指導

logo_gi01

  • 無料テキストのダウンロード
  • 有料テキストの説明
  • 個別指導 / 添削講座

リンク

基礎の基礎

動画でまなぶ

テキスト販売

コンタクト

PAGETOP
Copyright © 経済学道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.