経済学の学習ガイド

MENU

5.販売とマーケティング

どんなに魅力的な商品であっても、売れないことには価値がありません。どうすれば売れるのか、これは商品の開発や価格の設定とも関わってきます。これらを考えるのが「マーケティング」です。「5.販売とマーケティング」では、⑴マーケティングの種類、⑵消費者購買行動、⑶製品戦略、⑷価格戦略、⑸流通チャネル、⑹プロモーションについてまなびます。

5-1.マーケティングの種類

マーケティングの種類」では、マーケティングの種類、マーケティングの段階、ターゲット・マーケティングと細分化、市場ポジショニングについてまなびます。
(1)マーケティングの種類では、企業活動を総合的にとらえるマネジリアル・マーケティングについてまなびます。
(2)マーケティングの段階では、マーケティングの対象、マネジメントのプロセス、そして目標について考察します。
(3)ターゲット・マーケティングと細分化では、標的となる市場を絞り込むための市場の細分化について、P.コトラーらの考え方をまなびます。
(4)市場ポジショニングでは、市場における位置とマーケティング・ミックス(4P)についてまなびます。
(5)マーケティング・リサーチでは、情報収集やデータの集め方についてまなびます。

5-2.消費者購買行動

消費者購買行動」では、刺激-反応モデル、消費者の特性に着目するモデル、コトラーのモデルについてまなびます。
(1)刺激-反応モデルは最も基本的なモデルです。
(2)消費者の特性に着目するモデルでは、消費者の行動の理由を考察します。
(3) P.コトラーの購買意思決定プロセスでは、製品のタイプを3つに分類し、さまざまな行動パターンを考察します。

5-3.製品戦略

製品戦略」では、製品、ブランド、開発プロセス、サービス・マーケティングについてまなびます。
(1)製品とはでは、製品の構成要素について考察したP.コトラーの3層モデルをまなびます。続いて、製品の分類をおこない、企業が生産する製品の組み合わせであるプロダクト・ミックスや、製品のライフサイクルについてまなびます。
(2)ブランドでは、ブランドの種類、ブランドがもつ資産価値、P.コトラーのブランド戦略についてまなびます。
(3)製品の開発プロセスでは、新製品の開発プロセスについてまなびます。
(4)サービス・マーケティングでは、サービスの特性について考察します。

5-4.価格戦略

価格戦略」では、価格決定のプロセスとさまざまな価格戦略についてまなびます。
(1)価格決定のプロセスでは、価格決定の基本的なプロセスをまなびます。
(2)さまざまな価格戦略では、新製品の価格設定の戦略、心理的な価格設定、販売促進のための価格設定などについてまなびます。

5-5.流通チャネル

流通チャネル」では、チャネル、マーケティング・チャネル、物流戦略についてまなびます。
(1)チャネルでは、流通経路の種類についてまなびます。
(2)マーケティング・チャネルでは、垂直的マーケティング・システムや流通系列化についてまなびます。
(3)物流戦略では、物流の機能とマネジメントについてまなびます。

5-6.プロモーション

プロモーション」では、プロモーション・ミックス、広告、パブリシティ、人的販売についてまなびます。
(1)プロモーション・ミックスでは、広告、パブリシティ、人的販売、販売促進のくみあわせについてまなびます。
(2)広告では、広告の種類を分類し、広告予算の決め方や、消費者と広告の関係についてまなびます。
(3)パブリシティでは、社会との良好な関係の築き方についてまなびます。
(4)人的販売では、販売員の役割や、販売促進方法についてまなびます。

→「1.経営学とは?

テキストと学習指導

logo_gi01

  • 無料テキストのダウンロード
  • 有料テキストの説明
  • 個別指導 / 添削講座

リンク

基礎の基礎

動画でまなぶ

テキスト販売

コンタクト

PAGETOP
Copyright © 経済学道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.